スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変なサイトからのリンク?

 変なサイト(ブラックリストに載るようなサイト)からリンクされるとペナルティーを受けるという噂もあります。これも「スパム管理者責任仮説」で言えばありえないことです。

 もし、これが本当ならブラックリストに載るようなサイトをひとつ持っていれば無敵です。蹴落としたいサイトにリンクを張れば、勝手に落ちていくのですから。究極のSEOはブラックサイトを持つことだ、とも言えるほどです。

 何故このような噂が広まっているのかは分かりません。私の勝手な想像ですが、多くのサイトとやみくもに相互リンクをしたときにペナルティーを受けたという事実があったのかもしれません。そのとき、検索エンジンは被リンクを見ているという情報から、原因を被リンクにもとめた可能性があります。

 ただ「スパム管理者責任仮説」に沿って考えると、被リンクは管理者の責任に帰することはできません。私は、自サイトからブラックサイトへのリンクの方が問題だと思っています。自分のサイトからリンクを張るのは、管理者にしかできなことですから。

 一般に、検索エンジンは文書構造と被リンクによって検索順位を判定していると言われています。しかし、クローラーはどんなサイトにリンクを張っているかというリンク先情報も収集しています。せっかくの情報を使わない方が不思議です。私なら、変なサイトにリンクをしているサイトには、マイナスポイントをつけるでしょう。

 ブログのコメント欄やトラックバック先のリンクのために、nofollow属性(本来のリンクとみなさない)を作った理由のひとつもここにあるのではないでしょうか? これによって、サイトからの出リンクを全て管理者の責任に帰することができるようになったのですから。

 もしこれが本当なら、やみくもな相互リンクは気をつけるべきという結論になります。決して相互リンクを否定しているのではありません。相互リンクはSEOにも効果的な方法ですし、いずれこのサイトでも相互リンクを始めるつもりです。ただ、自動相互リンクシステムのようなやみくもな相互リンクは危険だと考えてよいでしょう。やはり相互リンクはちゃんと相手サイトを吟味してから行うべきものなのです。
スポンサーサイト

テーマ : SEO対策でアクセスアップ
ジャンル : ブログ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


本サイトはリンクフリーです。ご自由にリンク下さい。

 【サイトタイトル】
  アクセスアップでSEO アクセスアップでSEOについて

 【url】
  http://accessoyaji.blog73.fc2.com/

 【リンクタグ】
  <a href="http://accessoyaji.blog73.fc2.com/" target="_blank"title="アクセスアップでSEO">アクセスアップでSEO</a>

プロフィール

アクセスアップ親父

アクセスアップ親父
複数のサイトやブログを運営しています。そのノウハウでアクセスアップのキーワードでの上位表示を狙います。

ホームページ宣伝掲示板
ホームページ宣伝掲示板を設置しました。個人サイトの宣伝、アクセスアップにご利用下さい。

宣伝掲示板へ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
アクセスアップ親父の一言
無料でできるSEO対策のみで、どこまでの上位表示ができるか実験です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。